スクリーンショット 2018-11-24 16.51.07


女性なら誰だっていつまでも若く、美しくいたいもの。

 そのため、近年はお化粧などの外側からの美容だけでなく、「体内美容」「インナーケア」を意識する女性が増えました。

確かに美しさは健康から。心と体の美しさは健康であることが大きく関係しています。
では皆さん、自身の健康を何で測っていますか?

顔色?肌の状態?風邪を引く回数?

「特に大きな病気をしていないし、毎日元気だから」といったような、曖昧な判断をしている方が多いのではないかと思います。

 実は、あるものを見ることで健康状態を測ることができるのです!

【それはもっと関心を持ってほしいもの】

それは体からの「健康の便り」。そう、うんちです。

お手洗いの時、毎回何かチェックしていますか?すぐに流していませんか?

 

「汚い!」と思う方もいるかもしれません。しかし、人間の様々な排泄物は生きていく上で大切なものであり、決して忌み嫌うものではありません。

子どもの頃はみんな興味津々であるのに、次第に、排泄物は汚いもの、と意識に植えつけられていきます。

しかし、行き過ぎた清潔志向は子どもの免疫力形成においても悪影響を及ぼしますし、そもそも自分の体から出ているものを「汚い」と思うこと自体がおかしいと思いませんか。

そして健康なうんちというのは本来、「汚い」という印象を抱くようなものではありません。

 

【良い便りのポイントは?】

子どもに食育をする時によく使う表現ですが、良い便りはバナナうんち!

色が黄色か黄褐色で、バナナのような形でするするっと排泄される状態。そして匂いもあまりありません。

「嘘だぁ!」と思われるかもしれませんが、本当に理想的な食生活が送れている時は、本当に感動するくらいのバナナうんちが出ます。

 

つまり、チェックポイントは「色・形・硬さ・匂い」です。

よくチェックしてみると本当に毎回違います。

例えば、野菜中心の食生活が送れている時は、色は黄色くなりますが、肉などの動物性食品の摂取が増えると、硬くなり、色も濃く、匂いもきつくなります。

 

【良い便りを出すために】

良い便りを出すために必要なことは「腸内環境を整える」ことです。

そのためのポイントをいくつかご紹介しますので、生活に取り入れて、毎日の便りの変化をチェックしてみましょう!

 

  • ①まずはしっかり食べて便の量を減らさないー食べないダイエットは逆効果
  • ②水分をしっかり摂るー1日2リットル
  • ③朝食を食べて腸の蠕動運動のリズムを整えるーヨーグルトにはちみつナッツが最高!
  • ④野菜中心の食事にするー特に繊維質やベータカロテンはしっかりと!
  • ⑤肉類を摂りすぎないー牛肉なら180g 豚ロースなら190gが1日の目安
  • ⑥食物繊維を様々な種類から摂る(穀類、豆類、いも類、きのこ類、野菜、根菜類、海藻、果物など)
  • ⑦排便を我慢しない
  • ⑧適度な運動をして便秘を予防する
  • ⑨ストレスをためないようにする

  • まとめ

毎日鏡の中の自分を見つめるよりも、自分のうんちを毎回チェックするほうが大きな差や変化を感じることができます。

是非、健康のために、美容のために、そして自身の食生活の善し悪しの判断材料に、体からの便りをしっかり受け取って健康に美しく暮らしていきたいですね。