A photo posted by Airbnb (@airbnb) on



冬になると必ず悩ませる『乾燥』乾燥が私たちに与えるダメージは顔だけではないのです。『カラダ』 にも。

その乾燥を招く習慣を自分んで作ってはいませんか?

NGなボディケアをしてないかチェックしてくださいね♪




【バスタイムのNGな過ごし方】

*硬いタオルでゴシゴシ
普段、体を洗うときにどうやって洗っているでしょうか?

あかすり用のタオルやアクリルタオルでゴシゴシ洗っていたら、それはNGです。


肌の汚れを落とすことは大切ですが、必要以上に皮脂を落としてしまうと肌が乾燥する原因になります。そもそも肌の汚れは石鹸を泡立て、その泡を使って手で洗えば落ちるものなので、お肌のために硬いタオルでのゴシゴシ洗うのはやめましょう。


*シャワーで済ます
「時間が無い」「すぐにでも寝たい」を理由に入浴をシャワーで済ませてしまう人も多いでしょう。


実はこれもお肌には良くありません。

お風呂にゆっくり浸かるというのは、お肌に良いだけでなくリラックス効果も期待できます。ストレスもお肌のトラブルの原因の一つですので、一日の疲れを癒す意味でもお湯に浸かることは大事。


また、カラダが温まり血行もよくなることも乾燥を予防できます。


【顔と同様ボディケアの乾燥対策もしっかり!

*熱いお湯が好き

熱いお風呂が好きな人もいると思いますが、熱すぎるお湯は肌への刺激が強く、

かゆみの原因となります。

また、肌の保湿成分である脂分を急速に奪うため、乾燥肌の大きな要因にも!

乾燥を防ぎためには、ぬるめのお湯(38~41℃程度)がオススメです。


*長時間の入浴
じっくり湯船に浸かる長風呂&半身浴は、健康・美容・ダイエットにも役立ちますが、長時間の入浴は体から大量の水分を奪うため、乾燥肌を招くことも覚えておきましょう。


ただし、充分な水分補給を行えば15~20分程度の入浴は肌の乾燥にも問題なく、メリットのほうが多いので、入浴前後・入浴中にしっかりと水分を摂取することが重要です。


*入浴後は肌を放ったらかし

浴室から出ると、お肌の水分量はみるみる減っていきます。

よって、入浴後は速やかに保湿クリームやオイルを塗るようにしましょう。

放っておくと、乾燥だけじゃなく痒みなどの原因にもなります!



お風呂大好きな私。

ついつい長風呂してしまうんです……..。

長過ぎるのもお肌に良くないんですね…。

今日から気をつけなきゃ!


引用元:http://bimajin.jp/