A photo posted by Chiska N (@chessecakeeee) on


「最近可愛くなったよね。恋でもしてるの?」なんて聞かれた経験はありませんか?実はその質問、あながち間違いでもないみたいなんです。好きな人が出来て片想いをすることによって生じる美肌効果についてお話ししてみたいと思います。






A photo posted by mgmor (@mgmor) on


■片想い中ほどエストロゲンが分泌される

恋をすることによって変化が生じるのは、気持ちだけではありません。体にも驚くべき変化が現れるのです。具体的に言うと、恋をすることによって人間 も動物と同じように子孫を残すための準備がスタート。女性ホルモンの分泌が活発になり、しっとりツヤツヤ、とてもコンディションの良い状態の肌になりま す。

特に片想い中は意中の彼の事を強く想ったり、ラブラブな状態を思い描く事が多いので、付き合って暫く経って落ち着いた状態の時よりも美しい肌に導く力が非常に高いエストロゲンが活発に分泌されると言われています。

 

A photo posted by @hairdonnut on

 

■意中の人との幸せな光景を想像するとドーパミンやセロトニンが

人を好きになることで胸がときめいたり、好きな人に愛されている状態を想像して心踊ることによってドーパミンや、セロトニンといった物質が分泌され ます。快感物質のドーパミンや癒し物質のセロトニンを分泌する事がエストロゲンの分泌に繋がるからこそ、好きな人が出来たなら、とことん自分が幸せな状態 をイメージするのが美肌にとってもプラスなようです。

 

A photo posted by KAI (@731avenue) on

 

■ネガティブな気持ちは逆効果

とはいえ「片想い」ですから思い悩むこともあるでしょうが、ネガティブな気持ちは逆効果。肌がカサついたり、クマが出来てしまっては元も子もありま せんし、それでは上手くいくものも上手くいきません。少し落ち込んだり、不安になりそうな時は、好きなアイドルなどの事を考えて気分転換したり、とことん 幸せな妄想に耽ってみるのもありかもしれません。

 



引用元:http://lbr-japan.com/